募集要項

一般文芸部門小説、随筆、詩、短歌、俳句

第17回おきなわ文学賞 作品募集(応募規定)

応募期間

2021年9月1日(水)~9月30日(木)

・持参:月~金曜日(受付時間:9:00~17:00)*祝日を除く
・郵送:締切日の消印有効
・WEB:締切日23:59まで

応募資格

  1. 沖縄県に住所を有する方。
    (県内の学校・企業・団体に在籍または勤務するものを含む。)
  2. 県外・海外在住の沖縄出身、沖縄県系人。
    (沖縄県出身のご家族との関係を明記すること。例:祖父が一世。)
  3. 職業作家の応募は不可とする。
    (職業作家とは「出版社の依頼による書籍出版経験者及び、原稿執筆料や印税を主な収入源とする者」を指します。)

応募条件

  1. 応募作品はすべて未発表のものとします。
    *以下のものは、既発表とみなします。
    ・インターネット等で公開された作品
    ・自費出版をしている作品
    ・書籍に掲載された作品(商用・非商用含む)
  2. 他の団体の作品募集等と、重複して応募することは出来ません。

応募方法

応募票に以下をご記入の上、応募作品と合わせて提出ください。

  1. 応募部門
  2. 住所
  3. 郵便番号
  4. 氏名(フリガナ)*ペンネームがある方は本名も併記
  5. 電話番号
  6. 職業(勤務先・学校名等)
  7. 生年月日(年齢)
  8. 性別
  9. 応募料の支払い方法(直接、郵便為替、銀行振込=銀行名)

持参・郵送応募票をこちらからダウンロードし、A4サイズで出力してください。
WEB 応募フォームに必要事項を入力し、作品データを添付してご応募ください。(応募フォームは9月1日から利用できます)
*しまくとぅば文芸部門は専用の応募用紙がございます。詳細はこちらをご確認ください。
*個人情報は「おきなわ文学賞」の事業以外では使用しません。

応募料金

1作品あたり2,000円
*1人複数応募可。
*ただし学生(大学生・専門学校生等)は1作品あたり1,000円
 高校生以下及び海外在住者は無料とします。

応募料は、以下のいずれかの方法でお支払いください。

  1. 現金の場合は、応募原稿と併せて直接応募先にご持参ください。
  2. 郵送の場合は、郵便為替2,000円分を原稿に同封してください。
  3. 振込の場合は、振込票の写しを原稿に同封してください。(振込手数料は応募者の負担となります。)

お支払先

  • 沖縄銀行/南風原支店(普)1605444
  • ゆうちょ銀行/17030-12257011 または店番708普通1225701

口座名義はいずれも「公益財団法人 沖縄県文化振興会」です。

*応募料の納付確認ができない場合は、応募受付ができませんのでご注意ください。
*一度お支払いされた応募料は返金できませんので、予めご了承ください。

注意事項

  1. 受理した作品の変更は認められません。
  2. 応募原稿は返却しません。
  3. 原稿作成要領を満たしていない原稿は受け付けられません。
  4. 入選作品は、作品集『はなうる』として電子書籍化し、おきなわ文学賞ホームページにて公開します。
    後日、原稿を事務局あてにデータで入稿していただく場合がございます。 *パソコンを所有していない方は、応募時の原稿で対応します。
  5. 著作権は応募者に帰属します。ただし、入選作品の電子書籍化に関する権利は主権者が有するものとします。
  6. 著作権等、応募作品に関する権利関係には充分注意してください。
  7. 応募作品中に他作品からの引用をしている場合は、必ず出典を明記してください。歌詞等の音楽作品も含みます。
  8. 引用等により著作権が関係する作品に関しては、掲載について別途協議します。

ページの先頭へ

一般文芸部門小説、随筆、詩、短歌、俳句

5部門の原稿作成要領と選考委員

原稿作成要領

  1. 応募原稿は、400字詰原稿用紙の縦書きを原則とします。
  2. パソコン等を使用する場合、A4判横向き1枚あたり20字×20行で、縦書きを原則とし、頁数を入れてください。
  3. 手書きの場合、黒色の万年筆またはペンなどを使用し、鉛筆は使用しないでください。
    文字は楷書とし、難解な語句にはふりがなを付けてください。
    ただし、小学生以下の応募者については、鉛筆書きを可とします。
  4. 小学生以下の応募者は、作品を自筆で書いてください。
  5. 応募作品の、題材・内容は自由です。

【小説部門】 応募原稿と併せて、1~2枚程度のあらすじを付けてください。
【詩/随筆部門】 作品には必ず題名を記載してください。
*作品原稿には、応募者氏名などの個人情報は一切記載しないでください。
*題名は、作品原稿の冒頭に記載してください。

原稿・選考委員

部門 原稿枚数等 原稿・選考委員(部門ごとに50音順)
小 説 1編 原稿用紙30~60枚 呉屋 栄治/仲原りつ子/村上 陽子
随 筆 1編 原稿用紙4~5枚 嘉手川 学/南 ふう
1編 原稿用紙5枚以内 高良 勉/西原 裕美
短 歌 3首~5首 佐藤 モニカ/永吉 京子
俳 句 3句~5句 井波 未来/金城 けい

表彰

小説 随筆/詩/短歌/俳句
一席 沖縄県知事賞(各部門1点) 賞状および賞金10万円 賞状および賞金5万円
二席 沖縄県文化振興会理事長賞(各部門1点) 賞状および賞金5万円 賞状および賞金3万円
佳作(若干点) 賞状 賞状

*学生以下を対象とした奨励賞を設ける場合があります。

*選考結果発表、表彰式等は選考結果の発表についてをご確認ください。

リーフレット

おきなわ文学賞リーフレットのPDFデータをご覧いただけます。

おきなわ文学賞(PDF8.39MB)

ページの先頭へ

点字作品募集

受付対象部門

随筆・詩・琉歌・短歌・俳句部門 の5部門

原稿作成要領

部 門 原稿枚数等/墨字の場合 原稿枚数等/点字の場合
随 筆 1編 原稿用紙5枚(2,000字)以内 点字用紙12~13ページ以内
1編 原稿用紙5枚(2,000字)以内 点字用紙12~13ページ以内
琉 歌 5首以内(8・8・8・6音) 墨字で応募する場合に準ずる
短 歌 3首~5首 墨字で応募する場合に準ずる
俳 句 3句~5句 墨字で応募する場合に準ずる

*点字で応募する場合には、同音異義語や固有名詞の誤読を避けるため、また、墨訳を正確に行うため、墨字を書き添えてください。

選考方法

点字の応募原稿は墨訳し、他の応募作品と同時に選考を行います。

*選考結果発表、表彰式等は選考結果の発表についてをご確認ください。

応募方法 ・ 応募料

応募方法、応募料については、上記の応募規定に準じます。ただし、琉歌は無料。

ページの先頭へ

しまくとぅば文芸部門琉歌、しまくとぅば演劇戯曲

しまくとぅば文芸部門募集要領

応募期間

2021年9月1日(水)~9月30日(木)

・持参:月~金曜日(受付時間:9時~17時)*祝日を除く
・郵送:締切日の消印有効

応募資格

  1. 沖縄県に住所を有する方
  2. 沖縄県出身者
  3. *県内の学校・企業等に在籍する方を含みます。
    *劇作家を本業とする方も応募可とします。
    *共作を可とします。

応募条件

  1. 応募作品は未発表作品に限ります。
    *以下のものは既発表とみなします。
    ・ インターネット等で公開された作品。
    ・ 自費出版している作品。
    ・ 書籍等に掲載された作品(商用・非商用も含む)
  2. 他の団体の作品募集等と、重複して同じ作品を応募することはできません。

応募方法

専用応募用紙にご記入の上、応募作品を提出ください。

持参・郵送専用応募用紙をこちらからダウンロードし、A4サイズで出力してください。
*琉歌部門については上記に加えてこちらもダウンロードし、A4サイズで出力してください。
*個人情報は「おきなわ文学賞」の事業以外では使用しません。

応募料金

無料

応募上の注意

  1. 受理した作品の変更は認められません。
  2. 応募原稿は返却しません。
  3. 原稿作成要領を満たしていない原稿は受け付けられません。
  4. 入選作品は、作品集『はなうる』として電子書籍化し、おきなわ文学賞ホームページにて公開します。
    後日、原稿を事務局あてにデータで入稿していただく場合がございます。 *パソコンを所有していない方は、応募時の原稿で対応します。
  5. 著作権は応募者に帰属します。ただし、入選作品の電子書籍化に関する権利は主権者が有するものとします。
  6. 著作権等、応募作品に関する権利関係には充分注意してください。
  7. 応募作品中に他作品からの引用をしている場合は、必ず出典を明記してください。歌詞等の音楽作品も含みます。
  8. 引用等により著作権が関係する作品に関しては、掲載について別途協議します。

原稿作成共通

〈共通〉
  1. 題材、テーマなどは自由。
  2. 手書きの場合は、黒色の万年筆、またはペン等を使用すること。

琉歌部門

  1. 専用の応募用紙を使用してください。
    琉歌部門応募用紙 こちらからダウンロード
  2. パソコン等を使用する場合は、専用応募用紙と同様の様式にして下さい。
  3. 8・8・8・6音の琉歌、1人5首以内とする。(仲風形式も可とする)
  4. 必ずしまくとぅばを使用すること。

しまくとぅば演劇戯曲

  1. 原稿は原則400字詰め原稿用紙縦書きを使用すること。
  2. パソコン等を使用する場合は、A4判横向き1枚あたり20字×20行、縦書きを原則とする。
  3. 1人2作品までとする。
  4. 演劇を通してしまくとぅばに関心を高めてもらえるような内容とすること。
  5. 上演時間30分~40分程度を目安とすること。
  6. 表紙には、作品名を明記し、ページ番号を付けること。
  7. 応募原稿とは別に、共通語を用いたあらすじと登場人物一覧を付けること。

*公演に際して、加筆修正する場合がある他、別地域のしまくとぅばに翻訳して公演する場合があります。
*第16回より「学校演劇戯曲部門」から「しまくとぅば演劇戯曲部門」へと名称を改めました。

原稿・選考委員

部 門 原稿枚数等 選考委員
琉 歌 1人5首以内(8・8・8・6音)
仲風形式も可
玉城 倭子/宮城 茂雄/波照間 永吉
しまくとぅば演劇戯曲 上演時間30分~40分程度を目安とした原稿量 大城 貞俊/上江洲 朝男/波照間 永吉

表彰

琉 歌 しまくとぅば演劇戯曲
一席 沖縄県知事賞(各部門1点) 賞状および記念品 賞状および記念品
二席 沖縄県文化振興会理事長賞(各部門1点) 賞状および記念品 賞状および記念品
佳作(若干点) 賞状および記念品 賞状および記念品

*選考結果発表、表彰式等は選考結果の発表についてをご確認ください。

リーフレット

しまくとぅば文芸部門リーフレットのPDFデータをご覧いただけます。

しまくとぅば文芸部門(PDF879KB)

問い合わせ先

しまくとぅば文芸部門に関しては下記へお問合せください
沖縄県しまくとぅば普及センター(沖縄県文化協会)
TEL:098-988-0411
URL:https://shimakutuba.jp/
*応募先は一般文芸部門と同じ【(公財)沖縄県文化振興会「おきなわ文学賞」係】となります。詳細はページ最下部の応募先をご確認ください。

ページの先頭へ

選考結果の発表について

選考結果発表

  1. 2021年12月上旬ごろ、発表。
  2. 入賞者には文書でお知らせするとともに、マスコミ発表、おきなわ文学賞のホームページなどで公表します。
  3. 入賞作品は、作品集Web版『はなうる』としておきなわ文学賞のホームページに掲載します。
  4. 選考の過程に関するお問い合わせには一切応じられません。

表彰式

2022年2月12日(土) 沖縄産業支援センター1F大ホールにて開催予定

ページの先頭へ